メディロム 特定保健指導

当プログラムの特徴

メディロム 特定保健指導のプログラムでは、ICTを活用して保健指導の実施率、改善率向上を目的に、健保組合様の課題解決に貢献する施策を提供します。

実施率UPを叶える仕組み

Web遠隔面接

全日10:00-20:00対応。仕事で忙しい対象者の方でも、気軽に面接を受けていただくことが可能です。初回面接の日程調整も当社で全て対応いたしますので、煩わしい日程調整も不要です。

ボディケア優待券配布

関東圏約180店舗展開するリラクゼーションサロン"Re.Ra.Ku“の、ボディケア優待券を対象者の方に配布します。

(一部店舗で、店舗での初回面接も承っております。詳細はお問い合わせください。)

週2のチャットで改善率UP

オンデマンドトレーニングアプリ"Lav"(Life Assist for Vitality)は、専門家の方に健康アドバイスが受けられるアプリです。一方的ではなく並走型のコミュニケーションで、対象者の方を無理なく生活習慣の改善に導きます。

選べるコーチ

対象者自ら、どのコーチから支援を受けるか選ぶことができます。対象者の「受けてみたい」という気持ちが、前向きな取り組みに繋がります。

頻度の高いチャット支援

週2回のチャット支援を行うことで、対象者の方のモチベーション維持に繋げます。コーチと対象者が二人三脚となってプログラムを進めます。

手軽な記録

食事は写真で撮るだけで記録でき、睡眠、運動量はデバイスと連携してデータを取得することもできます。毎日の取り組み可視化され、モチベーション維持に繋がります。

プログラム導入実績

*若年層対策プログラムとして導入。

担当者様の声

株式会社SUBARU/ 人事部安全課

導入の一番の決め手は、交代制勤務者でも参加できる、生活改善プログラムであったことです。プログラムを導入することで、効果の出る保健指導が実施できれば、生活習慣病予防のみならず、生産性向上や従業員満足度向上など、企業価値向上に繋げる事ができると判断しました。